一番大事なのは内面世界を変えること

自分の内面を変えるための第一の要素は「気づくこと」です。今、どんな状態にありますか?穏やかですか?不安ですか?疲れていますか?緊張していますか?それともくつろいでいますか?たった一○秒ほど内面をチェックするだけでも、気づきは深まっていきます。「意識しなければ何かを変えることはできない。意識すればするほど、その何かは変えられる」などと言われても面食らうばかりかもしれません。おそらく、あなたはすでに自分の内面をある程度意識できるようになっていて、それでも、内面にあるその違和感をどうやって変化させればいいかがわからないのではありませんか?そうだとすれば、やはり意識を保つことが第一歩なのです。
自分の感情、思考パターン、信念体系は、あなたが今たどっている人生の方向を示しています。自分の本来進むべき方向を調整し、現実を変えていくための手がかりになるわけです。心の状態はあなたの内側のエネルギーパターンが示しているのか、手のパターンに気づけば進路を修正することも可能なのです。

第二の要素は「こだわりと願望」です。あなたは何に心を傾け、何を追い求めていますか?自分の人生よりも他人の人生ばかりにかまけてはいませんか?たとえば誰かの幸せが気にかかってしかたがないとか、あの人には正直であってほしいとか、この人には誠意と敬意を持って行動してほしいとか、そうやって他人に求めてばかりいるのではありませんか?」
もし他人のことに執着しているとしたら、貴重なエネルギーを無駄にしていることになります。どうかその関心を自分自身に向けてください。

なんと自己中心的な考えだろうと思うかもしれません。初めてこの「セルフ・コミットメント(自分の内面に関心を集中させること)」のコンセプトに出会ったときの私もそうでした。そこで、瞑想を通じてガイド・スピリットに「自分の内面ばかりにこだわるのは自己中心的ではありませんか?」とたずねたのです。すると次のような答えが返ってきました。「あなたがもっぱら自分のことに関心を向け、みずからの内なる世界に没頭するとき、持てるエネルギーのすべてを自己変容のために使うことが可能になる。自己の内面で愛、調和、幸福、自尊、安らぎの波動を高めていけば、その高次元の揺るぎない生きかたが他人への模範となる。それは、より慈愛に満ちた生きかたであって、自己中心的などではない。むしろ相手を助けることにすらなるのだ」

ガイド・スピリットのこの言葉を聞いて、私は、他人のことに執着し、他人に期待してばかりいると、自分自身の霊的な調和を乱すことになると気づきました。他人の行動にこだわることは、本来、自分のものではない責任を背負い込もうとすることです。他人のテリトリーに踏み込んで、その人の所有物を盗むようなものです。そう悟ってから、たちまち私のスタンスは変わりました。「自分のことだけに集中する。他人の境界を侵さない。正しいエネルギーはみずから示す」ということです。第三の要素は「自分の内面の状態や心の動きに責任を持つ」ことです。自分の感情や思考パターンに対する責任を自覚すれば自分の人生を自ら変えていこうという選択をとるようになります。この選択が第四の要素です。

脚痩せしたいと言う願い

脚痩せしたいという願いを、ただ思い続けるだけではいけません。このような「やればできること」はさっさと叶えたほうが良いですね。もし、脚痩せしたいのであればマジカルシェリーが一番。Googleで口コミを調べると、非常に多くのマジカルシェリーの口コミを見つけられました。

願いをかなえると言っても祈っているだけでは意味はありません。現実的な行動に落とし込む必要があります。ビダークというチャコールジュースを飲んで、毎日活性炭を取り入れましょう。活性炭には脂肪や糖を吸着する効果があります。でうので、自然と痩せた体になるのです。ビダークを私も購入しました。